ダイワエンジニアリングは、チタン加工、ステンレス加工などの技術により、医療器具部品、医療器械部品、自動車部品などの製造を行っております。

金属切削加工のことなら、まずはダイワエンジニアリングにご相談ください。

株式会社ダイワエンジニアリング

金属切削加工に関するお問合せは

TEL.06-6730-5977

FAX.06-6730-5988

〒577-0836

大阪府東大阪市渋川町2丁目1-8

業務案内

多品種・少ロット・短納期・低コスト
ダイワエンジニアリングでは、多品種少量生産体制を確立し、少ロットから量産まで、お客様のニーズにあわせて幅広く生産体制をとることが出来ます。また社内一貫工程により短納期・低コストで製品をお届けできます。
複雑形状や難削材にもチャレンジを続けており、お客様の「あったらいいな、できたらいいな」に精度・コスト両面からお応えできるよう研鑽を続けております。
多品種・少ロット・短納期・低コスト
公差1/1000mmの品質管理
高精度工作機械の導入により、公差1/1000mmを実現。より精密に、より確かな切削加工部品をお届けいたしております。また品質管理には測定顕微鏡の導入のほか人手を使った万全な出荷前検査により、欠陥品や不良品を取り除いており、お客様には信頼してお使いいただける製品だけをお使いいただいております。
「信頼」と「安心」こそが切削加工部品の生命であると、私たちは考えております。
公差1/1000mmの品質管理
φ3~φ42のバー材加工
ダイワエンジニアリングは、φ3~φ42のバー材加工を行っており、中でもφ20以下の小径部品の製作を得意としております。より微細に、より高精度に、お客様のニーズにお応えするために「できません」を「できます」に変えていくチャレンジを続けております。また小径に限らず、複合加工品にもお応えできます。もしまだ図面がないような場合でも一度ご相談ください。これまでは実現できなかった複雑形状でもご対応させていただきます。 バー材加工
多様な材質に対応
ダイワエンジニアリングでは様々な金属材料に対応いたしております。
鉄・アルミ・チタン・真鍮・クロム鋼(SCM415・SCM435)・ステン(SUS303・430・420J2)などを中心に、お客様のご要望に合わせて、様々な材質での加工にお応えしてまいります。
多様な材質に対応

主な機械設備

自動NC旋盤[複合] 自動NC旋盤 NC旋盤[チャックワーク]
自動NC旋盤[複合]
ミヤノ製 BNJ-42SY
最大棒材加工径:φ42
自動NC旋盤
ミヤノ製 BNC-42C
最大棒材加工径:φ42
NC旋盤[チャックワーク]
森精機製 CL-2000BT
最大棒材加工径:φ200
自動NC旋盤[複合長尺] 自動NC旋盤[複合長尺] マシニングセンタ
自動NC旋盤[複合長尺]
シチズン製 L20 V8
最大棒材加工径:φ20
自動NC旋盤[複合長尺]
シチズン製 A20
最大棒材加工径:φ20
マシニングセンタ
ファナック製 α-T21iF
測定顕微鏡  
測定顕微鏡
ミツトヨ製 MF-A2010B
   

▲ページの上へ